◇第68回日本ヨーガ学会全国大会

  主  題 「太陽の礼拝は太古の贈り物」
日  時 平成29年6月23日(金)~24日(土)
場  所 立山国際ホテル
     
特別講演 田澤賢次先生
特別公演 八尾おわら風の盆

会   費 2万8千円(会員2万4千円)(含准会員)
申込受付 平成29年4月10日(月)からメール、FAX
       e-mail:homeyoga@nifty.com  FAX(03-3208-5827)
       
受付時刻 0:00AM以前の送信は無効です。
定   員 150名になり次第締め切ります。 以後はキャンセル待ちとなります。
キャンセル料 平成29年5月12日(金)~6月1日(木)は会費の50%。
          6月2日(金)以降は会費の全額。

振 込 先 ゆうちょ銀行 記号10150 番号70001851
      三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店
      普通/口座番号0041293
      口座名(株)雪山社
※ご注意ください。
  講師、プログラム及び会費等に多少の変更がある場合もありますので予めご了承ください。
 なお、大会に関するお問い合わせは事務局へ。


 自然崇拝の一つに山岳信仰があります。
 立山は日本三霊山の一つに挙げられています。大宝元年(701年)に慈興が熊に姿を変えた阿弥陀如来に導かれ、開山したと伝えられています。
 明治維新による神仏分離・廃仏毀釈によって「布橋潅頂会」は断絶しました。女人禁制だった江戸時代に、極楽往生を願う女性の救済のために行われた儀式芦峅寺の「布橋潅頂会」は130年の時を超え、復活されています。十年ほど前に東京でも「千年の聲・布橋潅頂会」が再現され、その厳かで幻想的な光景に釘付けになりました。
 富山の街の風景に溶けこんでいる立山連峰。万葉集でも詠まれ、信仰と畏敬の念を持って仰ぎ見られた景観は、私たちの心を強く打つこと請け合いです。神秘の霊峰立山でお目にかかりましょう。
                                (萩山貴美子)

特別講演
田澤賢次先生

 新潟大学医学部卒。富山医科薬科大学(現・富山大学)名誉教授。
 日本オリンピック委員会強化スタッフ委員(ソルトレーク冬季オリンピック参加)。先生は、消化器外科医として40数年間、いろいろな患者との出会い、そして手術をとおし、ガンの専門医としてさまざまな研究を手がけていらっしやいました。
 食生活は「太陽を食べる献立」が基本という先生のお話は、第68回全国大会のテーマ「太陽の礼拝は太古の贈り物」とみごとに符合するとお思いになりませんか?

特別公演
八尾おわら風の盆(やつおおわらかぜのぽん)

 「おわら」の由来は、一説には、江戸時代に加賀藩のお殿様の慶事があり、三日三晩歌舞音曲無礼講が許され、町を練り歩いたのが始まり…だとか。 
どんな騒ぎもお咎めなしで、三味線、太鼓などの鳴り物も賑々しく、大わらいして踊ったことから「おわら」になつたと言われています。やがて、収穫前の稲が台風の被害に遭わないように祈念する「風の盆」と称される祭りに変化したとも言われています。美しい所作、優美な曲線。そして、どこか憂いを帯びた三味線と胡弓のハーモニーをお楽しみに。


                                           戻る